NPOの基礎知識 | NPO・非営利とは?

1NPOってなに?

NPOってボランティア?
非営利だから儲けちゃいけない?

連河ナビゲーター
けんちゃん

NPO法人DREAMISLAND
副理事長:地域ディレクター

NPOのよくある質問ベスト3!

1.NPOってボランティアなんでしょ。
2.NPOって儲けちゃいけないんですよねぇ。
3.NPOってお金とかどうしてるんですか?

上の3つはNPO法人をはじめてからよく聞かれる質問なんですが、『NPO=ボランティア』だと認識してる人が本当に多くて、世の中の半分くらいの人がそう思っているんじゃないかと思うくらいよく聞かれます。
でも、ボランティアじゃ飯食っていけないじゃないか!と思いますが『NPO=ボランティア』という答えは正しくもないけど、間違いでもないです・・・。というと話をまたややこしくしてしまうのですが、要するにNPOという言葉自体がすごく曖昧なんです。
で、結果的に多くの誤解を招いてしまっている・・・。そこで、NPOのことをきちんと知ってもらいたいと思い、私たちがNPO法人を設立する時にいろいろ学んだことを、頭の整理も兼ねてまとめてみました。実際NPOを運営していながらも、まだまだ解らないことがありますが、何かの参考にして頂けたら幸いです。

では、「NPO=ボランティア」と多くの人が認識している原因である、「非営利」という言葉の意味から見てみましょう。

非営利とは

多くの人がNPOをボランティアだと認識している原因はいくつかありますが、まず一番目の原因は「NPO=非営利」という名前のイメージです。加えて「NPO=非営利=お金を稼いじゃいけない=ボランティア」という図式も影響しています。そして、勘違いを招く最大の原因が「非営利」という言葉の意味、解釈の違いによるものだと思われます。そもそも「非営利」という言葉は、言葉の示す範囲が広く、国際的な定義がありません。よって人によって解釈が違うこと。加えて日本の商環境における馴染みの薄さが、結果として多くの誤解を招いてしまっているようです。また特定非営利活動法人(NPO法人 ※以下NPO)においても、NPO=非営利だから、利益を求めない、儲けてはならない=ボランティア。というイメージになりがちなのですが、それは間違いです。「非営利」 とは 「営利」 を求めてはいけないという意味ではなく、
「営利」 を関係者(構成員)で分配してはならない(非分配)という意味なのです。

もう少しわかりやすく言うと、株式会社の場合は儲かったお金を関係者(株主)で分配することができますが、NPOは儲かったお金(余剰金)を関係者で分配することはできません。儲かったお金は地域のための事業、次の事業に再配分、再投資せよ。というのがNPOルールだからです。つまり儲かったお金を特定の個人の懐に入れたらダメですよという意味で、地域社会を発展させるための事業資金に回してくださいという意味です。要するに、儲かったお金の分配方法が違うだけで、株式会社もNPO法人も、同じ民間企業であることに変わりはなく、収益事業による税率も同じであれば、仕事をしてお金を稼がないことには、食べて行けないことも変わりはないのです。詳しくはNPO法人と株式会社の違いで後述しますが、これは事業目的(ミッション)の違いによるもので、経済的利益」の追求を活動目的とする株式会社に対し、NPOは「社会的利益」を追求することが活動目的となるためです。この事業目的の違いがNPOと株式会社の利益分配方法の違いとなります。 

ややこしいですね。でも、がんばって稼いだお金をもらえないなんて、そんなのおかしいじゃないか!やっぱりNPOはボランティアじゃないかと益々疑いが強くなります。そこで次は、スタッフの報酬(給与)や仕組みはどうなっているのか。NPOとボランティアはどう違うのか。NPOと株式会社はどこが違うのか。などについての解説です。

あっ、その前に、NPOの言葉の意味を見てみましょう。

NPOとは

NPOは“Non-Profit Organization” (Non Profit=非営利、Organization=組織)の略語で、直訳すると非営利組織となります。最近では一般的にNPO法人(特定非営利活動法人)のことを指すようになりましたが、広義では財団法人、社団法人、医療法人、社会福祉法人、学校法人、宗教法人、消費者生活共同組合、労働組合財団法人、特殊法人、認可法人をはじめとする公共的な団体、公益法人など。 狭義では、非営利での社会貢献活動や、慈善活動を行う市民団体や任意団体など、一般的なボランティア組織、団体のことを指すこともあります。

またNPOに似た組織にNGOがありますが、NGOは “Non-Governmental-Organization”の略語で非政府組織のことです。政府組織とは区分され、正式には国連憲章71条にもつづく協議資格をもって、主に国際畑で活躍する民間組織のことをいいます。地域社会を活動フィールドにするNPOに対して、国際社会で活動するのがNGOという区分ですが、活動するフィールドを除いては根本的な異差は無いため国内法上は非営利団体や特定非営利活動法人(NPO)の一つとされています。

NPOの一般的な認識としてあげられる項目

  • 公式の組織
  • 非政府組織
  • 非営利分配
  • 自己統治、自主管理
  • 自発的組織
  • 公共性
NEXT 次 NPOとボランティアの違い